第五 私の投獄と試練(8)

第五 私の投獄と試練(8)

私は、毎日、監獄の庭で一時間の運動を許されたが、
雪の降る日などは、とても寒く、手を振ったり走ったりして、
ようやく少しは体が温まった。
しかし、運動すると、今度は大いに空腹を感じ、これには少々困った。
一日雪の中を歩き、寒気が手足に突き刺すように感じ、
同囚の友人にこのような歌を詠んで聞かせた。

   雪虐霜酸痩骨寒し  楚囚猶有り寸心丹
   天皇賜う所啻に恵服のみならんや  又光児をして万艱に耐えしむ

ある夜にまた感じるところがあり、左の一絶を賦した。

  説かず陰房窮と愁え  刑余別に主恩の優有るなり
  痛心断えんと欲す凄風の夕べ  一片の清光楚囚を照らす

私たちが投獄されたのは、もとより良心のゆるすところであり、
獄中における多少の艱難は、覚悟していたのだが、
気の毒に思ったのは故郷に残してきた一人の老母と、妻子たちである。
連絡を取るごとに、彼らを慰め励ますことに努めた。
ある時私は、妻に送ろうと歌を詠んだ。

 説くことを休めよ阿郎縲絏の艱  刑餘幸いに主神の恩に浴す
 君に勧忘るる勿れ光児の志   聖婦の美名郭門に高し

この結句は、箴言三十一章末節
(箴言31:28~31 
息子らは立って彼女を幸いな人と呼び、夫は彼女をたたえて言う。
「有能な女は多いが、あなたはなお、そのすべてにまさる」と。
あでやかさは欺き、美しさは空しい。
主を畏れる女こそ、たたえられる。
彼女にその手の実りを報いよ。
その業を町の城門でたたえよ。」)


から引用したものである。

またある日は、老母を思い出して詠んだ。

 恩み(めぐみ)もて慰め給へ 天の神 憂きに沈める母の心を
[PR]

by hokkaido-revival | 2010-12-30 15:22 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

<< 第五 私の投獄と試練(9) 第五 私の投獄と試練(7) >>