第五 私の投獄と試練(5)

第五 私の投獄と試練(5)


私達が既決監に移されて以来、寒気は段々と厳しくなり、
衣服は薄く、足袋もなく、夜明けに拍子木の音と共に起き、
茣蓙の上に正座して、少しの間も膝を崩してはならず、
私達は普段正座に慣れていなかったので、
膝が痛くなり、少しだけ膝を崩すと、獄吏に叱責された。

また、毎日当番を決めて、
監獄内の廊下から便所に至るまで拭き掃除をしなければならなかったが、
寒さの厳しい朝などは、床板の上に氷が張り、
雪が降れば、獄吏の靴についた雪も堅く凍り、
私達が当番の時は、その上を裸足で掃除しなければならず、
多くの者が、手足の指を腫らしていた。

私も最初の頃は、獄中の生活に慣れず、獄吏の叱責を度々受けた。
また、世で身につけた思想が抜けきらず
獄吏の足下に低頭し、厠の掃除をするなど、大いに不快を覚えた

しかし、そのような場合にあっても、
主があたかも側に立って、戒めて下さるかのように、
聖書のみことばが心の内に聞こえてくるのである。



『こういうわけで、このように多くの証人たちが、
雲のように私たちを取り巻いているのですから、
私たちも、いっさいの重荷とまとわりつく罪とを捨てて、
私たちの前に置かれている競争を忍耐をもって走り続けようではありませんか。

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。
イエスはご自分の前に置かれた喜びのゆえに、
はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。
あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。
それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。
あなたがたはまだ、罪と戦って、血を流すまでに抵抗したことがありません。
そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。

「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。
主に責められて弱り果ててはならない。
主はその愛する者を懲らしめ、
受け入れる全ての子に、むちを加えられるからである。」


訓練と思って耐え忍びなさい。
神はあなたがたを子として扱っておられるのです。
父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。
もし、あなたがたが、だれでも受けるこらしめを受けていないとすれば、
私生児であって、ほんとうの子ではないのです。

さらにまた、私たちには、肉の父がいて、私たちを懲らしめたのですが、
しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、
なおさらのこと、私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。
なぜなら、肉の父親は、短い期間、
自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、
霊の父は、私たちの益のため、
私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。

すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、
かえって悲しく思われるものですが、
後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。

ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。
また、あなたがたの足のためには、まっすぐな道をつくりなさい。
なえた足が関節をはずさないため、
いや、むしろ、いやされるためです。
すべての人との平和を追い求め、
また、聖められることを追い求めなさい。
聖くなければ、だれも主を見ることはできません。」
                     (ヘブル人への手紙 十二章一~十四節)





****************************

まるで、ヨセフの物語ですね。
神様は、愛する子供を、苦しみや痛みを通して訓練し、
懲らしめを通してきよめられるのです。

後に、北海道の監獄を伝道するなど、
この時、誰が想像したでしょうか・・・?
神様のご計画は、はかり知れないほど、深いですね。
[PR]

by hokkaido-revival | 2010-12-09 22:27 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

<< 第五 私の投獄と試練(6) 第五 私の投獄と試練(4) >>