坂本直寛とは

坂本直寛とは一体どんな人物なんでしょう・・・?

d0202231_18495290.jpg嘉永6年(1853.11.5)10月5日、土佐国(高知県)安芸郡安田村
に生まれました。

父は高松順蔵、
母は坂本龍馬の長姉・千鶴。
17歳の時に、伯父・権平の養子となりました。

立志舎で学び、後に上京。
土佐に戻ってからは、植木枝盛、
片岡健吉らとともに自由民権運動に参加し、
熱心に活動します。



そのかたわら、高知に来た宣教師ノックスのもとに通い、聖書を学ぶようになり、
明治18年(1885)5月15日、洗礼を受けます。
このとき、片岡健吉や武市安哉、板垣鉾太郎らも共に受洗、
高知教会の誕生。

明治20年(1887)、三大事件建白運動で、建白総代の一人として上京しますが、
保安条例のもとに、逮捕・投獄され、石川島の監獄に2年間収容されてしまいます。

出獄後は、県会議員を務める一方で、伝道にも精力的に取り組みます。
そんな中、拓殖事業を志し、
明治30年(1897)に、北光社を設立。
キリストの国を建設すべく北海道へ一家をあげて移住しました。

移住後は、北見・訓子府原野の北光社農場、浦臼の聖園農場などを開拓・経営しますが、
明治35年(1902)伝道界への献身を決意して、旭川(現在の旭川六条教会)に赴任。
2年後の明治37年(1904)按手礼を受け、牧師となります。

宣教師ピアソンと共に、
軍人や、アイヌ民族、監獄などに伝道して
各地を講演して廻りました。
廃娼・禁酒を訴え、新聞にも多くの著作を発表しています。

とりわけ、十勝監獄では、素晴らしいリバイバルが起きました。
明治40年4月、監獄での講演において、
滅び行くたましいを思い、涙ながらにキリストの十字架を伝える直寛に、
人々は心打たれ、1000人近い囚人達が次々と悔い改め、信仰告白しました。

その中には、出獄して後、伝道者となる者もいます。


明治42年(1909)、札幌の北辰教会(現在の札幌北一条教会)の牧師に就任、
朝鮮や函館での伝道を計画していた最中、胃癌に倒れ、
明治44年(1911)9月6日に天に召されました。

現在、札幌の丸山墓地に眠っています。

詳しくは、こちらの本で ↓

龍馬の甥 坂本直寛の生涯

土居 晴夫 / リーブル出版


[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-11-20 18:58 | お知らせ  

ごあいさつ

ようこそ、ようこそ~はじめまして016.gif

このブログにいらして下さった皆様を歓迎します035.gif

このブログは、豊橋・名古屋にあるキリスト教会・シオンチャーチ
開かれていたエリムカフェのブログから、
一部お引越しして生まれました。

シオンチャーチは、
日本を愛し、日本リバイバルをひたすらに求め、
ただイエス・キリストの十字架の救いと愛を、
一人でも多くの人々に伝えることだけを願って様々な活動を行っています。


当ブログ管理人もまた、
愛する故郷・北海道と日本のリバイバルを待ち望んで、
このブログを始めました。

きっかけは、坂本直寛 です。

ご存知、坂本龍馬の甥っ子。
明治期に自由民権運動家として活躍。
高知教会で洗礼を受け、熱心なクリスチャンとなり、後に北海道へ移住。
旭川で牧師となり、精力的な伝道活動をしました。

彼が残した自伝 『余が信仰之経歴』
これを読んでみたら・・・

「明治時代に、北海道でこんなことが起きてたなんて・・・!!!005.gif


「すごい、主は生きておられる!!!003.gif


「神様は今も昔も、変わらないお方なんだな~!!!038.gif


読めば読むほど、感動と驚きの連続でした。
全部本当にあった話です。
100年経っても、色あせない、真実な信仰の証です。

世に埋もれさせるにはもったいない・・・009.gif

世間ではちょうど大河ドラマ『龍馬伝』が話題となり、
2011年は直寛の没後100年になります。
これは千載一遇のチャンス・・・・☆☆☆

一人でも多くの人に、この証を伝えよう!!!

クリスチャンの人にも、そうでない人でも、
道産子でも、土佐っぽでも、たくさんの方々に知っていただきたい。


そんな願いを持って、始まりました。


毎度、つたない文章ではありますが、ご愛読いただけたら、幸いです012.gif
[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-11-20 17:01 | お知らせ