第五 私の投獄と試練(9)

第五 私の投獄と試練(9)

さて、私たちは初め、食物があまりにも粗悪であることから、
箸をつけることもできなかったが、
三四ヶ月過ぎてくると、ようやく飢餓を覚えるようになってきた。
そもそも監獄の食物は三等に区別し、
重労働に就く者には麦飯七合、
普通の労働に就く者には五合、
労役に就かない者には所持金があっても、
食物は一切買うことが許されなかったからである。

友人たちの多くは、労役を願い出て、作業場に出かけることによって、
食事の量を増やし、その賃金をもって、食物を購入してりしていたので、
食べることに関しては、私たちよりも遥かに豊かであった。

この時は、聖書をはじめその他の書籍も多く差し入れされていたので、
労働して空しく二年六ヶ月も読書を怠るのは忍びなく、
また、神のことばをもって生活をしてみたいという思いもあり、
なるべく労役には就かないようにと決めていた。

そんなある日、私は空腹を覚え、イライラしていた。
ふと申命記八章が目に留まり、大いに神の恵みを得た。


 あなたの神、主が導かれたこの四十年の荒れ野の旅を思い起こしなさい。
 こうして主はあなたを苦しめて試し、あなたの心にあること、
 すなわち御自分の戒めを守るかどうかを知ろうとされた。
 主はあなたを苦しめ、飢えさせ、
 あなたも先祖も味わったことのないマナを食べさせられた。
 人はパンだけで生きるのではなく、
 人は主の口から出るすべての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった。

 

この章を読むや、一片の聖なる火が胸の中に入って来て、私の心を燃やした。
私はひそかに涙をのんで神に感謝した。
これより、次第に飢餓を忍ぶ力を得、勇気が湧いてきた。

かつて、私たちの主イエス・キリストも四十日の断食の後、
サタンから誘惑され、試みを受けたが、このみことばを用いて、
「人はパンだけで生きるのではなく、ただ神の口から出るすべての言葉によって生きる」と答えられたのを思い出し、
私は神の恵みによって、それ以後も労役をせず、
ただひたすら神のことばによって生きようと決め、
もっぱら聖書やその他の本を読みふけった。
それで、私は病気の心配もなく、非常に稀なことに、
心身ともに健康に過ごすことができた。
[PR]

# by hokkaido-revival | 2011-01-06 18:29 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

第五 私の投獄と試練(8)

第五 私の投獄と試練(8)

私は、毎日、監獄の庭で一時間の運動を許されたが、
雪の降る日などは、とても寒く、手を振ったり走ったりして、
ようやく少しは体が温まった。
しかし、運動すると、今度は大いに空腹を感じ、これには少々困った。
一日雪の中を歩き、寒気が手足に突き刺すように感じ、
同囚の友人にこのような歌を詠んで聞かせた。

   雪虐霜酸痩骨寒し  楚囚猶有り寸心丹
   天皇賜う所啻に恵服のみならんや  又光児をして万艱に耐えしむ

ある夜にまた感じるところがあり、左の一絶を賦した。

  説かず陰房窮と愁え  刑余別に主恩の優有るなり
  痛心断えんと欲す凄風の夕べ  一片の清光楚囚を照らす

私たちが投獄されたのは、もとより良心のゆるすところであり、
獄中における多少の艱難は、覚悟していたのだが、
気の毒に思ったのは故郷に残してきた一人の老母と、妻子たちである。
連絡を取るごとに、彼らを慰め励ますことに努めた。
ある時私は、妻に送ろうと歌を詠んだ。

 説くことを休めよ阿郎縲絏の艱  刑餘幸いに主神の恩に浴す
 君に勧忘るる勿れ光児の志   聖婦の美名郭門に高し

この結句は、箴言三十一章末節
(箴言31:28~31 
息子らは立って彼女を幸いな人と呼び、夫は彼女をたたえて言う。
「有能な女は多いが、あなたはなお、そのすべてにまさる」と。
あでやかさは欺き、美しさは空しい。
主を畏れる女こそ、たたえられる。
彼女にその手の実りを報いよ。
その業を町の城門でたたえよ。」)


から引用したものである。

またある日は、老母を思い出して詠んだ。

 恩み(めぐみ)もて慰め給へ 天の神 憂きに沈める母の心を
[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-12-30 15:22 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

第五 私の投獄と試練(7)

第五 私の投獄と試練(7)

そうして私は自分を慰め、このような歌を詠んで日々を過ごした。

  百敗酸を嘗めて業漸く成る  一磋豈なんぞ蒼々を憾みんや
  赭衣恥を含みて魂を磨くの後  却って囚人をして世光を補せしむ

また、便所掃除をする時などは、初めのうちは甚だ苦痛を感じたものだが、
主キリストが天の聖なる御座から罪の世に降って来られ、
ガリラヤの漁夫の子らの足を洗われ、
私達に模範を示された
ことを思い起こせば、不快に感じることも軽減された。

この王の王であられるお方は、
人が忍ぶことができない屈辱を忍び、
耐えられない苦痛を耐え、人には到底及ばないへりくだりをなされたのだ。


私などは、尊い身分でもなく、地位があるわけでもない。
それだというのに、人に怒り、人を軽んじ、
自分を高くする傲慢な考えが無くならない。

どうして、キリストのみこころにかなうことができよう。
主は神の子でありながら、罪人の足を洗われたのだ。
私は同志の使う便所を洗うことぐらい、何を嫌がることがあろうか、
と思えば、耐えることができた。
[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-12-30 15:12 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

直寛作詞の賛美歌

信仰の人・坂本直寛。
投獄中も、ことあるごとに、詩を詠み、句をつくり、
神様をほめたたえました。

晩年、直寛は、賛美歌を作詞しています。

それは、明治42年4月7日のことでした。
所用で仙台に行った帰り、
青森行きの電車に乗った直寛を、突如暴風が襲います。
9両編成の車両は、先頭から3番目の郵便車と、
4両目の客車が転落。2両の客車が脱線しました。
幸い、直寛の乗っていた一等車は6両目にあたり、
転落を免れて横転しただけでした。

直寛は、大惨事から守られたことを
「神の奇しき摂理」と感謝し、旭川に帰る車中で、この曲を作詞しました。


① 妙なるみたまの神のわざは 筆にも言にも尽くしがたし

② エホバの使は我を守り 髪一筋も失せざらしむ

③ 雀さへ守る父の御手は いかでか我が身を守らざらん

④ 我が神エホバの我にたまふ こよなき御恵みいかで報いん

⑤ 我世を去るまで身を捧げて くすしき恵みを証し伝へん

⑥ イエス君の外に救いは無し もろびとこぞりてほめたたえよ



『讃美歌』79番(現行『讃美歌』では139番、『讃美歌21』では298番)の
「ああ主は誰がため世にくだりて」 の曲に合わせて、
この惨事を回想するごとに、歌っていたそうです。
直寛の葬儀でも、この曲が歌われました。

(出典:『龍馬の甥 坂本直寛の生涯』 土居晴夫 P.253~254)

こちらの伴奏に合わせて、歌ってみてください♪♪♪





ちなみに、この讃美歌は、
「イギリス讃美歌の父」と称されるアイザック・ウオッツによって、
つくられました。

英語の題は、 『Alas, and did my Saviour bleed』
「ああ!我が救い主は血を流された」という意味です。
日本語の歌詞はコチラ。

1 ああ主は誰(た)がため 世にくだりて、
  かくまでなやみを うけたまえる。

2 わがため十字架に なやみたもう
  こよなきみめぐみ はかりがたし。

3 とがなき神の子 とがを負えば、
  てる日もかくれて やみとなりぬ。

4 十字架のみもとに こころせまり、
  なみだにむせびて ただひれふす。

5 なみだもめぐみに むくいがたし、
  この身をささぐる ほかはあらじ。



数多くの讃美歌を世に残したファニー・クロスビーが、この曲で
魂を突き刺されるような衝撃を受け、神様に献身を誓ったといわれています。
詳しくはコチラを
讃美歌138番 「ああ主は誰がため」

直寛の信仰の生涯を思い、
彼の人生にあらわされた素晴らしい神様の御業の数々を思い、
何よりも、私たちの罪のために十字架にかかってくださった
主イエス様の愛を思って、
讃美してみてください(*^_^*)
天国にいる心地がしますよ☆☆☆
[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-12-23 23:51 | 直寛にまつわるお話  

第五 私の投獄と試練(6)

第五 私の投獄と試練(6)


「人がもし、不当な苦しみを受けながらも、
神の前における良心のゆえに、悲しみをこらえるなら、
それは喜ばれることです。
罪を犯したために打ちたたかれて、それを耐え忍んだからといって、
何の誉れになるでしょう。
けれども、善を行っていて苦しみを受け、それを耐え忍ぶとしたら、
それは、神に喜ばれることです。
あなたがたが召されたのは、実にそのためです。
キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、
あなたがたに模範を残されました。
キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。
ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、
正しく裁かれる方にお任せになりました。
そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。
それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。
キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたはいやされたのです。
あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、
今は、自分のたましいの牧者のであり監督者である方のもとに帰ったのです。」
                   
                                 (ペテロの手紙Ⅰ 二章十九~二十五節)



このようなみことばは、実に私を励まし、慰め、
また私の傲慢を挫き、へりくだりを学ばせてくれた。

また、はずかしめを感じる時、
主は直ちに主ご自身がはずかしめを耐えられたことを覚えさせて下さり、
キリストが栄えを捨て、罪人の中に来て下さったこと、
ご自身は何の罪もなかったのに、祭司長・学者たちの手に渡され、
嘲られ、鞭打たれ、緋色の衣を着せられ、いばらの冠をかぶせられ、
罪人とともに十字架に釘付けられたことを思い起こさせて下さった。


主がこのような苦しみを受けられたのなら、
私たちが、最も賤しい僕として赭衣(罪人が着る赤い衣)を着せられ、
獄吏に叱責され、他の囚人達と一緒くたにされることが、
いったい何だというのか。

昔から、神を敬い、国を愛する偉人たちの多くは、
皆、艱難辛苦を嘗め、試練を経て後、業を成し遂げるのである。
このことを思えば、私たちが投獄されたことなどは、
実に九牛の一毛(取るに足らない小さなこと)ほどの試みだと言わざるを得ない。
[PR]

# by hokkaido-revival | 2010-12-20 20:14 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5