第五 私の投獄と試練(12)

第五 私の投獄と試練(12)

私の身体は、うまれつき弱い方であり、
獄中の生活に耐えられるかどうか、心配したこともあった。
また私の家族や友人も私の身体について心配していた。
しかし、投獄されてからずっと、
他の頑健な囚人たちよりも、健康に過ごしてきた。
常日頃、よく風邪をひいたり、胃病を患ったりしたものだが、
獄中では却ってつつがなく生活していた。

ただ、投獄された当初は、寒さのために、少し胸を痛めたことと、
翌年一月の初めに、食物の変化のため、少し下痢をしたことぐらいで、
その他に、あえて薬を飲むようなこともなかった。

私は神の恵みの深さを感じ、喜んでこの歳月を送ることができた。
大晦日の夜に、その恵みを思って、歌を詠んだ。

 風凍雲を捲いて飛雪斜めなり  酸苦を経る毎に望み弥加わる
 単衾半夜陰房の衷 昊天に感謝して歳華を送る
   
このように口ずさんで、その年の冬を越し、
翌年、明治二十二年二月十一日、憲法発布にともなう大赦の恩恵をこうむり、
心身つつがなく、再び、愛する家族、主にある兄弟姉妹、
友人たちと手を取り合うことができた。

昔、主は天使の手によってペテロを獄中より救い出し、
また地震によってパウロとシラスを獄中より救い出された。
今や、憲法発布という手段によって私たちを獄中より救い出してくださった。
[PR]

by hokkaido-revival | 2011-02-05 15:44 | 『余が信仰の経歴』 正編1-5  

第五 私の投獄と試練(11) >>